この記事をシェアする

人間は見た目で決まる

変な部分がないかチェックする

基本的に面接では、スーツを着用していきます。
一般的にリクルートスーツと決まっているので、個性を出そうと張り切らないでください。
自分らしさをアピールするのは良いですが、派手だと面接の場にふさわしくないと判断され、常識がないと思われてしまいます。
女性のスーツは、スカートタイプでも、パンツタイプでも構いません。

髪の毛が長い女性は、1つに束ねることをおすすめします。
義務ではありませんが、面接の時は礼をする場面が何回もあります。
そのたびに髪の毛が乱れると印象が悪いので、邪魔にならないよう束ねておきましょう。
男性も髪形は重要で、寝癖がないよう綺麗に整えてください。
髪色は、明るくしすぎないように心がけましょう。

敬語が間違っていないか

質問されたら、敬語で答えます。
敬語は誰でも知っているマナーですが、正しい敬語を使えているでしょうか。
これまで間違って覚えていた可能性があるので、心配な人は学び直してください。
面接時の扉の開け方やイスの座り方、礼をするタイミングなど様々な部分でマナーがあります。

よくありがちなミスは、喋りながら動くことです。
喋りながら動くと相手に失礼になることもあるので、礼を言ってから頭を下げて、イスに座るなど1つ1つの動作を意識しましょう。
慣れないと、ついいつも通りに過ごしてしまいます。
面接の時だけ改善しようと思っても難しいので、就活中は常に礼儀正しく過ごしてください。
正しいマナーや態度を、身体に覚えさせましょう。
頭で考えていなくても、無意識にできるはずです。